2010年03月06日

東大阪市の商品券、販売所責任者が買い占め換金(読売新聞)

 大阪府東大阪市は1日、市内の商店街でつくる「市小売商業団体連合会」が昨年11月から発売したプレミアム付き商品券「とくとくトライ券」を、連合会元理事で販売所の責任者だった不動産業者の男性(60)が多量に買い占め換金するなどしていた、と発表した。

 市は「地域経済の活性化対策のはずなのに、不適切」としている。

 市によると、男性は昨年11、12月に3回にわたり、購入制限(1人5万5000円まで)の120倍の計660万円分を買った。60万円分を家電量販店で使い、360万円分は自分の店で使われたように装って、連合会で換金していたという。

 商品券は1冊1万円で、1万1000円分の買い物ができる。11億円分発行され、上乗せ分の1億円を市が補助。使用期限は2月28日だった。

 男性は、商品券販売所の責任者の1人で、市の調査に対し、「売れ残りそうなのを隠そうと思った」と説明しているという。昨年12月、市に情報が寄せられて発覚、男性は今年1月に理事を辞任した。

【社会部オンデマンド】外国人参政権、海外では?(産経新聞)
空自の官製談合、幕僚長「悪意ないと思う」(読売新聞)
再起訴19回で異例の引き延ばし、時効が成立(読売新聞)
温暖化対策基本法案で環境省が素案(産経新聞)
元母を「許せない、終身刑に」虐待公判で女児(読売新聞)
posted by カツラ ミツル at 17:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。